東京都足立区にある動物病院 犬・猫の診療を行っています。 葛飾区 亀有駅より徒歩10分
クローバー動物病院
〒120-0003
東京都足立区東和2-5-20
TEL:03-3629-0238
東京都足立区のクローバー動物病院です。
犬・猫の診察を行っています。
各種検査、不妊手術、ワクチン接種、ノミ・フィラリア予防などご気軽にご相談下さい。


病院案内
 ≫ HOME
 ≫ 設備・院内風景
 ≫ スタッフ紹介
 ≫ アクセス・駐車場
診療案内
 ≫ 診療/料金表
 ≫ ワクチン接種
 ≫ フィラリア予防
 ≫ ノミ・寄生虫駆除
 ≫ 避妊・去勢手術
 ≫ のら猫・地域猫
 ≫ マイクロチップ
 ≫ 凍結療法
 ≫ 歯科治療
お役立ち情報
 ≫ 犬・猫の病気
 ≫ 犬・猫の成長
 ≫ 里親募集
 ≫ リンク



クローバー動物病院 
【住所】
 〒120-0003
 東京都足立区東和
       2-5-20
【診療時間】
 9:00~12:00
 16:00~18:30

【休診日】
 日曜日



当院の管理するwebショップ
2000円以上で送料無料
クレジット決済可能





猫の伝染性呼吸器症候群(猫カゼ)
【原因】
ウイルスや細菌の単独あるいは混合感染によって起こります。
感染した猫のクシャミ、鼻水などから感染します。

 原因となりやすい病原体
(ウイルス)
 ・猫ヘルペスウイルス1型(猫伝染性鼻気管炎)
 ・猫カリシウイルス

(細菌)
 ・ボルデテラ
 ・クラミジア
 ・マイコプラズマ

【症状】
感染してから発症するまでは2~4日間
発熱、くしゃみ、鼻水、結膜炎、角膜炎などは病原体にかかわらず共通して見られます。
重症では食欲低下、元気消失、脱水、呼吸困難などが現れ、子猫の場合には衰弱により死亡することもあります。
カリシウイルスの感染では上記の症状の他に、口内炎、舌炎、肺炎を起こすことがあります。

【診断】
症状によりこの病気を疑います。
確定診断は病原体の検出を行います。

【治療】
ウイルスに対してはインターフェロン療法。
細菌に対しては抗生物質を使用します。
脱水がある場合は輸液療法
鼻や目の局所の粘膜で病原体が増殖するため、抗生物質やインターフェロンの点眼点鼻も行います。

【予防】
感染猫との接触を避けることが第一です。
ヘルペスウイルス、カリシウイルス、クラミジアに対してはワクチン接種により予防できますが、完全な防御ではなく、感染した場合に症状が軽くすむことを期待して行います。






→ 病気一覧に戻る

→ ページの先頭に戻る

Copyright(c)2012 クローバー動物病院 All right reserved