東京都足立区にある動物病院 犬・猫の診療を行っています。 葛飾区 亀有駅より徒歩10分
クローバー動物病院
〒120-0003
東京都足立区東和2-5-20
TEL:03-3629-0238
東京都足立区のクローバー動物病院です。
犬・猫の診察を行っています。
各種検査、不妊手術、ワクチン接種、ノミ・フィラリア予防などご気軽にご相談下さい。


病院案内
 ≫ HOME
 ≫ 設備・院内風景
 ≫ スタッフ紹介
 ≫ アクセス・駐車場
診療案内
 ≫ 診療/料金表
 ≫ ワクチン接種
 ≫ フィラリア予防
 ≫ ノミ・寄生虫駆除
 ≫ 避妊・去勢手術
 ≫ のら猫・地域猫
 ≫ マイクロチップ
 ≫ 凍結療法
 ≫ 歯科治療
お役立ち情報
 ≫ 犬・猫の病気
 ≫ 犬・猫の成長
 ≫ 里親募集
 ≫ リンク



クローバー動物病院 
【住所】
 〒120-0003
 東京都足立区東和
       2-5-20
【診療時間】
 9:00~12:00
 16:00~18:30

【休診日】
 日曜日



当院の管理するwebショップ
2000円以上で送料無料
クレジット決済可能





猫のアレルギー性気管支炎(猫喘息)
【原因】
アレルギーの原因となる物質を吸引することで気管支が収縮し発症します。
シャム猫で多く発生します。
冬に症状がでやすい傾向があります。

(主な原因物質)
 ハウスダストマイト
 スギ花粉
 ハウスダスト
 芳香剤
 タバコの煙
 トイレ材料のほこり

【症状】
安静時での呼吸回数が増加します。
慢性の咳、もしくは発作的に咳がでます。
ゼーゼーという呼吸音が出ることがあります。
重度では激しい呼吸困難、開口呼吸を示します。
悪化すると呼吸不全、チアノーゼにより死亡する可能性もあります。
通常、発熱はなく体温は正常です。

【診断】
臨床症状によりこの病気を疑います。
レントゲン検査、血液検査を行い診断します。
感染症との鑑別には治療による反応をもって診断することもあります。

【治療】
ステロイド剤、気管支拡張剤を使用します。
感染症の可能性を考慮し抗生物質を併用する場合もあります。

【予後】
治療により症状を改善することはできます。
ただし完治することはなく再発の可能性があるため長期にわたる維持治療が必要となります。

【予防】
アレルギーの原因となる物質にさらさないことが大切です。
アレルゲンの特定は困難です、出来ることから環境を整えていきましょう。
床をフローリングにする
空気清浄機
医療用防ダニ布団にする
  トイレのほこりに対して砂の変更
  エアコンの清掃、フィルター交換
  喫煙者への指導
  など





→ 病気一覧に戻る

→ ページの先頭に戻る

Copyright(c)2012 クローバー動物病院 All right reserved