東京都足立区にある動物病院 犬・猫の診療を行っています。 葛飾区 亀有駅より徒歩10分
クローバー動物病院
〒120-0003
東京都足立区東和2-5-20
TEL:03-3629-0238
東京都足立区のクローバー動物病院です。
犬・猫の診察を行っています。
各種検査、不妊手術、ワクチン接種、ノミ・フィラリア予防などご気軽にご相談下さい。


病院案内
 ≫ HOME
 ≫ 設備・院内風景
 ≫ スタッフ紹介
 ≫ アクセス・駐車場
診療案内
 ≫ 診療/料金表
 ≫ ワクチン接種
 ≫ フィラリア予防
 ≫ ノミ・寄生虫駆除
 ≫ 避妊・去勢手術
 ≫ のら猫・地域猫
 ≫ マイクロチップ
 ≫ 凍結療法
 ≫ 歯科治療
お役立ち情報
 ≫ 犬・猫の病気
 ≫ 犬・猫の成長
 ≫ 里親募集
 ≫ リンク



クローバー動物病院 
【住所】
 〒120-0003
 東京都足立区東和
       2-5-20
【診療時間】
 9:00~12:00
 16:00~18:30

【休診日】
 日曜日



当院の管理するwebショップ
2000円以上で送料無料
クレジット決済可能





猫の巨大結腸症(便秘症)
【原因】
結腸(大腸)に便が大量に貯まり、重度の便秘状態から結腸が伸びて巨大に膨れた状態をいいます。
便秘の原因は不明のことが多いのですが、元々猫は水分の少ない硬い便をするので、この病気になりやすいと思われます。
交通事故で骨盤が変形したり、脊髄の障害で起こる神経麻痺が原因となることもあります。
便秘になりやすい不適切な食事が原因となることがあります。

【症状】
重い便秘症状を示しトイレで長時間、排便姿勢を繰り返します。
重度になると食欲不振、元気消失、脱水、嘔吐、衰弱などの症状が見られます。

【診断】
腹部の触診で結腸内に貯まった糞塊を確認します。
レントゲン検査で拡張した結腸の確認と骨盤の状態を見ます。
血液検査で全身状態の確認をします。

【治療】
骨盤の変形など明らかな原因がある場合にはその治療を行います。
軽度な便秘であれば便の軟化剤や食事療法を行います。
脱水がある場合には輸液療法が必要となります。
重度な場合、浣腸をしますが2~3日繰り返さなければ便が出ないこともあります。
内科的な管理が成功しない場合には外科的に結腸を切除することになります。この場合、術後に軟便になることがあり、中には軟便が生涯続くこともあります。

【予後】
早期に治療を開始すれば良好に維持できますが、多くは継続的な食事療法と便軟化剤が必要となります。





→ 病気一覧に戻る

→ ページの先頭に戻る

Copyright(c)2012 クローバー動物病院 All right reserved