東京都足立区にある動物病院 犬・猫の診療を行っています。 葛飾区 亀有駅より徒歩10分
クローバー動物病院
〒120-0003
東京都足立区東和2-5-20
TEL:03-3629-0238
東京都足立区のクローバー動物病院です。
犬・猫の診察を行っています。
各種検査、不妊手術、ワクチン接種、ノミ・フィラリア予防などご気軽にご相談下さい。


病院案内
 ≫ HOME
 ≫ 設備・院内風景
 ≫ スタッフ紹介
 ≫ アクセス・駐車場
診療案内
 ≫ 診療/料金表
 ≫ ワクチン接種
 ≫ フィラリア予防
 ≫ ノミ・寄生虫駆除
 ≫ 避妊・去勢手術
 ≫ のら猫・地域猫
 ≫ マイクロチップ
 ≫ 凍結療法
 ≫ 歯科治療
お役立ち情報
 ≫ 犬・猫の病気
 ≫ 犬・猫の成長
 ≫ 里親募集
 ≫ リンク



クローバー動物病院 
【住所】
 〒120-0003
 東京都足立区東和
       2-5-20
【診療時間】
 9:00~12:00
 16:00~18:30

【休診日】
 日曜日



当院の管理するwebショップ
2000円以上で送料無料
クレジット決済可能





猫の慢性腎不全
【原因】
多くの猫が老化により腎臓の機能低下を起こしてきます。
もともと猫は砂漠地帯で生活していたため尿の濃縮能力が高い動物です、そしてこの「濃いおしっこ」をつくることが腎臓の負担となるため、猫は老化とともに腎不全を起こしやすくなると言われています。
老化以外の原因では感染症や腎結石、免疫異常、腫瘍、遺伝などがあげられます。
日々の食事内容によっても慢性腎不全を起こす可能性があります。

【症状】
腎臓はふだん余裕をもって働いており、腎臓全体の4分の3以上の機能が喪失しないと明らかな症状が出ないと言われています。
よって飼い主が気づいた時には腎不全がそうとう進行した状態となります。
最初に気付きやすい症状は、お水をたくさん飲んでおしっこの量が増える「多飲多尿」です。
進行してくると食欲不振、嘔吐、脱水、体重減少、便秘、貧血などがみられます。
末期には「尿毒症」となり激しい嘔吐や痙攣発作を起こすこともあります。

【診断】
尿検査、血液検査、レントゲン検査、エコー検査、ウイルス検査などを組み合わせて総合的に診断します。
老化による腎不全の初期では尿比重の低下(尿が薄い)のみ確認できることがあります。

【治療】
一般的に慢性腎不全は治ることはなく徐々に悪化していく病気です。
治療の目的としては症状を緩和し、病気の進行を防ぐこととなります。
初期の段階では食事療法を行います。
自宅での皮下補液や通院治療が行われます。
症状に合わせて、活性炭による吸着、リン吸着剤、H2ブロッカー、カリウム製剤、降圧剤などが使用されます。
貧血に対してはホルモン療法を行います。
急な症状の悪化や重度の脱水を起こしている場合には、入院して輸液療法が必要となります。

【予防】
年齢に合った食事内容を心掛けましょう。
飲水量やおしっこの量を気にしましょう。増えてきた場合は注意が必要です。
7歳前後からは定期健診を行いましょう。





→ 病気一覧に戻る

→ ページの先頭に戻る

Copyright(c)2012 クローバー動物病院 All right reserved