東京都足立区にある動物病院 犬・猫の診療を行っています。 葛飾区 亀有駅より徒歩10分
クローバー動物病院
〒120-0003
東京都足立区東和2-5-20
TEL:03-3629-0238
東京都足立区のクローバー動物病院です。
犬・猫の診察を行っています。
各種検査、不妊手術、ワクチン接種、ノミ・フィラリア予防などご気軽にご相談下さい。


病院案内
 ≫ HOME
 ≫ 設備・院内風景
 ≫ スタッフ紹介
 ≫ アクセス・駐車場
診療案内
 ≫ 診療/料金表
 ≫ ワクチン接種
 ≫ フィラリア予防
 ≫ ノミ・寄生虫駆除
 ≫ 避妊・去勢手術
 ≫ のら猫・地域猫
 ≫ マイクロチップ
 ≫ 凍結療法
 ≫ 歯科治療
お役立ち情報
 ≫ 犬・猫の病気
 ≫ 犬・猫の成長
 ≫ 里親募集
 ≫ リンク



クローバー動物病院 
【住所】
 〒120-0003
 東京都足立区東和
       2-5-20
【診療時間】
 9:00~12:00
 16:00~18:30

【休診日】
 日曜日



当院の管理するwebショップ
2000円以上で送料無料
クレジット決済可能





猫の膀胱炎(下部尿路疾患 尿石症)
【原因】
猫は膀胱や尿道のドラブルが多い動物です。
感染、飲水量の低下、食事内容、ストレス、肥満など原因は様々です。
特に猫ではストレスによる神経の刺激が間質性膀胱炎を起こすと言われています。

【症状】
共通してみられる症状は排尿回数の増加、長時間の排尿姿勢、排尿時の痛み、血尿などです。
尿中に結石(結晶)が出来ることも多く、結石が尿道に詰まると尿道閉塞となります。
尿道閉塞は雄猫で起こりやすく、閉塞した場合は緊急の処置が必要となります。
尿道閉塞に気付くのが遅れると、急性腎不全が起こります。
急性腎不全を起こした場合、食欲元気の低下、嘔吐などの症状がみられ、放置すれば死亡してしまいます。
尿石症の結果、膀胱炎を起こす場合と、膀胱炎が続いたことにより尿中に尿石が作られる場合とがあります。
猫が何度もトイレに行く時は、膀胱炎による残尿感が頻尿を起こしている場合と、尿道閉塞により尿・が出なくなっている場合とがあるので注意が必要です。

【診断】
膀胱の触診、レントゲン検査、超音波検査、血液検査、尿検査などを行います。

【治療】
尿道閉塞がある場合には、カテーテルにより閉塞の解除を行います。
閉塞の解除が不可能な場合には緊急手術を行うことになります。
感染症に対しては抗生剤療法、腎不全に対しては輸液療法が行われます。
ストレスにより何度も繰り返す猫では、精神安定のためのフェロモン療法や精神安定剤が使われます。
尿石症がある場合には、お薬による治療の他に食事療法が必要となります。
膀胱炎が慢性化した猫では漢方薬が使用されることもあります。

【予後】
膀胱炎、尿石症は治療で治ったとしても再発が多く見られます。
一度この病気になった猫では、再発予防のための療法食や定期的な尿検査、超音波検査を行うとよいでしょう。





→ 病気一覧に戻る

→ ページの先頭に戻る

Copyright(c)2012 クローバー動物病院 All right reserved