東京都足立区にある動物病院 犬・猫の診療を行っています。 葛飾区 亀有駅より徒歩10分
クローバー動物病院
〒120-0003
東京都足立区東和2-5-20
TEL:03-3629-0238
東京都足立区のクローバー動物病院です。
犬・猫の診察を行っています。
各種検査、不妊手術、ワクチン接種、ノミ・フィラリア予防などご気軽にご相談下さい。


病院案内
 ≫ HOME
 ≫ 設備・院内風景
 ≫ スタッフ紹介
 ≫ アクセス・駐車場
診療案内
 ≫ 診療/料金表
 ≫ ワクチン接種
 ≫ フィラリア予防
 ≫ ノミ・寄生虫駆除
 ≫ 避妊・去勢手術
 ≫ のら猫・地域猫
 ≫ マイクロチップ
 ≫ 凍結療法
 ≫ 歯科治療
お役立ち情報
 ≫ 犬・猫の病気
 ≫ 犬・猫の成長
 ≫ 里親募集
 ≫ リンク



クローバー動物病院 
【住所】
 〒120-0003
 東京都足立区東和
       2-5-20
【診療時間】
 9:00~12:00
 16:00~18:30

【休診日】
 日曜日



当院の管理するwebショップ
2000円以上で送料無料
クレジット決済可能




犬の僧房弁閉鎖不全症
【原因】
犬の心臓病のうち約80%以上がこの病気です。
多くは老化により発症しますが、早い場合には5~6歳で症状が現れることもあります。
マルチーズやヨークシャテリアなどの小型犬に多くみられます。
遺伝的な要因も発症に関係しています。

【症状】
僧帽弁といわれる心臓の中にある弁の異常により血液の逆流がおこります。
初期には散歩で疲れやすくなったり、よく咳が出るなどの症状が出てきます。
悪化すると重度の呼吸困難や失神を起こすこともあります。
急激な症状の悪化は、肺の中に水が貯まる「急性肺水腫」によることが多く、死に至る可能性があります。

【診断】
心臓の雑音や、肺の異常な呼吸音の有無を確認します。
レントゲン検査とエコー検査により確定診断を行います。
心電図検査により不整脈の有無を確認します。
血液検査は全身の状態を確認するために行います。

【治療】
多くは生涯にわたってお薬を飲む必要があります。
治療の目的としては、病気の進行の予防、症状の緩和による生活の質の改善などとなります。
血管拡張剤や利尿剤、強心剤など症状に合わせて使用していきます。
テモカプリル塩酸塩(エースワーカー錠) 0.1㎎ 1日1回
ベナゼプリル塩酸塩(フォルテコール錠) 0.25~1.0㎎ 1日1回
ピモベンダン 0.25~0.5㎎/㎏ 1日2回に分けて。
スピノロラクトン 2㎎/㎏ 1日1回
フロセミド 1~5㎎/㎏ 1日2回
トラセミド 0.1~0.8㎎/㎏ 1日1回
急激に状態が悪化した場合には入院治療が必要となります。
一部の施設では検索再建術、弁輪縫縮術などの手術による治療が行われています。

【予防】
食事内容に気を遣う必要があります。
症状の悪化に伴い運動の制限が必要となります。
定期的な健診により早期に発見し、治療を開始することが大切です。



→ 病気一覧に戻る

→ ページの先頭に戻る

Copyright(c)2012 クローバー動物病院 All right reserved