東京都足立区にある動物病院 犬・猫の診療を行っています。 葛飾区 亀有駅より徒歩10分
クローバー動物病院
〒120-0003
東京都足立区東和2-5-20
TEL:03-3629-0238
東京都足立区のクローバー動物病院です。
犬・猫の診察を行っています。
各種検査、不妊手術、ワクチン接種、ノミ・フィラリア予防などご気軽にご相談下さい。


病院案内
 ≫ HOME
 ≫ 設備・院内風景
 ≫ スタッフ紹介
 ≫ アクセス・駐車場
診療案内
 ≫ 診療/料金表
 ≫ ワクチン接種
 ≫ フィラリア予防
 ≫ ノミ・寄生虫駆除
 ≫ 避妊・去勢手術
 ≫ のら猫・地域猫
 ≫ マイクロチップ
 ≫ 凍結療法
 ≫ 歯科治療
お役立ち情報
 ≫ 犬・猫の病気
 ≫ 犬・猫の成長
 ≫ 里親募集
 ≫ リンク



クローバー動物病院 
【住所】
 〒120-0003
 東京都足立区東和
       2-5-20
【診療時間】
 9:00~12:00
 16:00~18:30

【休診日】
 日曜日



当院の管理するwebショップ
2000円以上で送料無料
クレジット決済可能




犬の気管虚脱
【原因】
気管虚脱とは気管が扁平につぶれしまう病気です。
チワワ、ヨークシャーテリア、シーズー、パグなどの小型犬で多く発生します。
高齢犬で多く見られますが、若い犬での発生もあります。
暑い夏場に多く発生する傾向があります。
原因は明らかになっていませんが、先天的異常、遺伝的素因、肥満などが考えられています。

【症状】
咳やゼーゼーという呼吸音、咳のあとの吐き気などの症状が現れます。
ガーガーというガチョウの鳴き声のような呼吸音は典型的な症状の一つです。
高温多湿の環境、激しい運動、興奮、菜食、飲水時などで症状が悪化します。
重度の場合は酸欠状態となり、死に至る可能性があります。

【診断】
症状によりこの病気を疑います。
レントゲン検査にてつぶれた気管を確認します。
内視鏡検査が必要な場合もあります。

【治療】
多くはお薬による内科治療によりコントロールされます。
鎮咳剤、鎮静剤、気管支拡張剤などの薬剤が使用されます。
症状が強い時はグルココルチコイド(ステロイド剤)を使用します。
手術による治療も行われています。

【予防】
肥満を予防し、首輪からハーネスにかえることも大切です。
夏場は外出を避け、エアコン等で空調を管理しましょう。





→ 病気一覧に戻る

→ ページの先頭に戻る

Copyright(c)2012 クローバー動物病院 All right reserved