東京都足立区にある動物病院 犬・猫の診療を行っています。 葛飾区 亀有駅より徒歩10分
クローバー動物病院
〒120-0003
東京都足立区東和2-5-20
TEL:03-3629-0238
東京都足立区のクローバー動物病院です。
犬・猫の診察を行っています。
各種検査、不妊手術、ワクチン接種、ノミ・フィラリア予防などご気軽にご相談下さい。


病院案内
 ≫ HOME
 ≫ 設備・院内風景
 ≫ スタッフ紹介
 ≫ アクセス・駐車場
診療案内
 ≫ 診療/料金表
 ≫ ワクチン接種
 ≫ フィラリア予防
 ≫ ノミ・寄生虫駆除
 ≫ 避妊・去勢手術
 ≫ のら猫・地域猫
 ≫ マイクロチップ
 ≫ 凍結療法
 ≫ 歯科治療
お役立ち情報
 ≫ 犬・猫の病気
 ≫ 犬・猫の成長
 ≫ 里親募集
 ≫ リンク



クローバー動物病院 
【住所】
 〒120-0003
 東京都足立区東和
       2-5-20
【診療時間】
 9:00~12:00
 16:00~18:30

【休診日】
 日曜日



当院の管理するwebショップ
2000円以上で送料無料
クレジット決済可能




犬の腸リンパ管拡張症
【原因】
腸リンパ管拡張症は何らかの原因でリンパ管の閉塞が起きることで、絨毛のリンパ管が拡張・破綻してリンパ管内容物が腸管腔内、あるいは壁内へと漏出する疾患です。
何らかの原因とは腸の炎症(IBDなど)や腫瘍、まれに右不全や門脈圧亢進症などです。
先天性と思われるものもありますが、病態は明らかになっていません。

【症状】
主な症状は下痢、削痩、腹水です。下痢を起こさない場合もあります。

【診断】
確定診断には内視鏡検査における小腸粘膜の白色粟粒病変、および病理組織学的検査を基本とします。時には試験開腹による腸の全層生検が必要となります。
超音波検査において小腸粘膜層の高エコー線状パターンが認められた場合には腸リンパ管拡張症の可能性がきわめて高いと判断します。

【治療】
コルチコステロイド剤を使用します。
低脂肪食による食事療法を行います。

【予後】
長期的な治療が必要です。





→ 病気一覧に戻る

→ ページの先頭に戻る

Copyright(c)2012 クローバー動物病院 All right reserved