東京都足立区にある動物病院 犬・猫の診療を行っています。 葛飾区 亀有駅より徒歩10分
クローバー動物病院
〒120-0003
東京都足立区東和2-5-20
TEL:03-3629-0238
東京都足立区のクローバー動物病院です。
犬・猫の診察を行っています。
各種検査、不妊手術、ワクチン接種、ノミ・フィラリア予防などご気軽にご相談下さい。


病院案内
 ≫ HOME
 ≫ 設備・院内風景
 ≫ スタッフ紹介
 ≫ アクセス・駐車場
診療案内
 ≫ 診療/料金表
 ≫ ワクチン接種
 ≫ フィラリア予防
 ≫ ノミ・寄生虫駆除
 ≫ 避妊・去勢手術
 ≫ のら猫・地域猫
 ≫ マイクロチップ
 ≫ 凍結療法
 ≫ 歯科治療
お役立ち情報
 ≫ 犬・猫の病気
 ≫ 犬・猫の成長
 ≫ 里親募集
 ≫ リンク



クローバー動物病院 
【住所】
 〒120-0003
 東京都足立区東和
       2-5-20
【診療時間】
 9:00~12:00
 16:00~18:30

【休診日】
 日曜日



当院の管理するwebショップ
2000円以上で送料無料
クレジット決済可能




犬のアトピー性皮膚炎
【原因】
花粉、ほこり、ダニ、カビなど空気中の物質が体に侵入してくることによって起こるアレルギー反応。
遺伝的な体質が大きく関係し、発症しやすい犬種がわかっています。


【症状】
皮膚の病変は眼の周り、耳、足先、お腹に出ることが多いです。
最初は皮膚が赤くなり、毛が抜ける程度ですが次第に皮膚が厚くなり黒ずんできます。
痒みが強く、舐めたり、引っ掻いてしまいます。
生後6か月から2歳ぐらいまでに発症することが多いのも特徴です。

【診断】
発症した年齢、病変の場所、症状、犬種からこの病気を疑います。
その他の皮膚病(ノミアレルギー、疥癬、食物アレルギー、膿皮症など)を除外することにより診断します。
血液検査も診断の補助として行うことがあります。

【治療】
 アトピー性皮膚炎は完治が難しい病気です。
 症状を和らげ、いい状態で維持することが目標となります。

主となる治療法
・抗ヒスタミン剤
・ステロイド剤(副腎皮質ホルモン)
・オクラシチニブ(アポキル錠 ゾエティス・ジャパン)
・免疫抑制剤
・インターフェロン療法
・減感作療法

補助的な治療法
・抗生物質
・抗真菌剤
・シャンプー療法
・必須脂肪酸
・食事療法
・各種サプリメント

【予防】
アトピー性皮膚炎の原因となる物質と愛犬を接触させないことが大切です。
お部屋をこまめに掃除することや、空気清浄機などもいいでしょう。
季節により症状が悪化する場合には、その季節は外出を避けるなどの対策も有効です。

 
アトピー性皮膚炎と診断された柴犬






→ 病気一覧に戻る

→ ページの先頭に戻る

Copyright(c)2012 クローバー動物病院 All right reserved