東京都足立区にある動物病院 犬・猫の診療を行っています。 葛飾区 亀有駅より徒歩10分
クローバー動物病院
〒120-0003
東京都足立区東和2-5-20
TEL:03-3629-0238
東京都足立区のクローバー動物病院です。
犬・猫の診察を行っています。
各種検査、不妊手術、ワクチン接種、ノミ・フィラリア予防などご気軽にご相談下さい。


病院案内
 ≫ HOME
 ≫ 設備・院内風景
 ≫ スタッフ紹介
 ≫ アクセス・駐車場
診療案内
 ≫ 診療/料金表
 ≫ ワクチン接種
 ≫ フィラリア予防
 ≫ ノミ・寄生虫駆除
 ≫ 避妊・去勢手術
 ≫ のら猫・地域猫
 ≫ マイクロチップ
 ≫ 凍結療法
 ≫ 歯科治療
お役立ち情報
 ≫ 犬・猫の病気
 ≫ 犬・猫の成長
 ≫ 里親募集
 ≫ リンク



クローバー動物病院 
【住所】
 〒120-0003
 東京都足立区東和
       2-5-20
【診療時間】
 9:00~12:00
 16:00~18:30

【休診日】
 日曜日



当院の管理するwebショップ
2000円以上で送料無料
クレジット決済可能




犬の副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)
【原因】
副腎といわれる臓器からホルモンが過剰に分泌されることによって起こる病気です。
下垂体や副腎が腫瘍化することでホルモンの分泌が過剰に起こります。
治療のためにステロイド剤を長期間、飲み続けることによっても発症します。

【症状】
水をたくさん飲んで尿の量が増える、体の毛が薄くなってくる、お腹が膨らんでくるなどが特徴的な症状です。
その他、食欲が増進する、運動をしたがらない、筋力が低下してくるなどの症状がみられます。
糖尿病を併発する場合もあります。

【診断】
臨床症状によりこの病気を疑います。
血液検査、尿検査、レントゲン検査、エコー検査でさらに強い疑いが出てきた場合には、ホルモン濃度の測定を行って診断を確定します。

【治療】
原因によりお薬による治療と、手術による治療があります。
治療は一生涯にわたって必要となることがほとんどで、定期的な血液検査、ホルモン濃度の測定も行われます。
糖尿病を併発している場合は、その治療も行います。

【予防】
定期的な健診により早期に発見し、治療を開始することが大切です。





→ 病気一覧に戻る

→ ページの先頭に戻る

Copyright(c)2012 クローバー動物病院 All right reserved