東京都足立区にある動物病院 犬・猫の診療を行っています。 葛飾区 亀有駅より徒歩10分
クローバー動物病院
〒120-0003
東京都足立区東和2-5-20
TEL:03-3629-0238
東京都足立区のクローバー動物病院です。
犬・猫の診察を行っています。
各種検査、不妊手術、ワクチン接種、ノミ・フィラリア予防などご気軽にご相談下さい。


病院案内
 ≫ HOME
 ≫ 設備・院内風景
 ≫ スタッフ紹介
 ≫ アクセス・駐車場
診療案内
 ≫ 診療/料金表
 ≫ ワクチン接種
 ≫ フィラリア予防
 ≫ ノミ・寄生虫駆除
 ≫ 避妊・去勢手術
 ≫ のら猫・地域猫
 ≫ マイクロチップ
 ≫ 凍結療法
 ≫ 歯科治療
お役立ち情報
 ≫ 犬・猫の病気
 ≫ 犬・猫の成長
 ≫ 里親募集
 ≫ リンク



クローバー動物病院 
【住所】
 〒120-0003
 東京都足立区東和
       2-5-20
【診療時間】
 9:00~12:00
 16:00~18:30

【休診日】
 日曜日



当院の管理するwebショップ
2000円以上で送料無料
クレジット決済可能




犬のレッグ・ペルテス病(大腿骨の頭虚血性壊死)
【原因】
1歳以下の成長期の犬にみられる病気です。
プードルなどの小型犬やウエスティによく発症します。
大腿骨の骨頭部分に分布する血管が障害をうけ、血液供給が不足することで骨頭が壊死します。
遺伝的な要因も考えられています。

【症状】
通常は片側のみ発症しますが、両側に起こる場合もあります。
発症した側の足を痛がり、引きずるように歩きます。
進行すると足の負重が全く出来なくなります。
足をあまり使わなくなるので、発症した側の筋肉が委縮してきます。

【診断】
症状、犬種、年齢などからこの病気を疑います。
確定診断はレントゲン検査で行います。

【治療】
通常は手術により壊死した骨頭を切除します。
切除した後は偽関節が形成され、正常に歩行できるようになります。
大型犬では股関節全置換術がおこなわれることがあります。
運動制限と鎮痛剤により症状がやわらぐ場合もありますが、ほとんどの例で手術が必要になります。

【予後】
治療で選択される大腿骨頭の切除は、正常な関節に回復させるものではありません。
痛みを取り除き、生活の質を向上させるために行います。
治療が遅れると、筋肉の委縮が重度になり治療後の回復を遅らせます。





→ 病気一覧に戻る

→ ページの先頭に戻る

Copyright(c)2012 クローバー動物病院 All right reserved