東京都足立区にある動物病院 犬・猫の診療を行っています。 葛飾区 亀有駅より徒歩10分
クローバー動物病院
〒120-0003
東京都足立区東和2-5-20
TEL:03-3629-0238
東京都足立区のクローバー動物病院です。
犬・猫の診察を行っています。
各種検査、不妊手術、ワクチン接種、ノミ・フィラリア予防などご気軽にご相談下さい。


病院案内
 ≫ HOME
 ≫ 設備・院内風景
 ≫ スタッフ紹介
 ≫ アクセス・駐車場
診療案内
 ≫ 診療/料金表
 ≫ ワクチン接種
 ≫ フィラリア予防
 ≫ ノミ・寄生虫駆除
 ≫ 避妊・去勢手術
 ≫ のら猫・地域猫
 ≫ マイクロチップ
 ≫ 凍結療法
 ≫ 歯科治療
お役立ち情報
 ≫ 犬・猫の病気
 ≫ 犬・猫の成長
 ≫ 里親募集
 ≫ リンク



クローバー動物病院 
【住所】
 〒120-0003
 東京都足立区東和
       2-5-20
【診療時間】
 9:00~12:00
 16:00~18:30

【休診日】
 日曜日



当院の管理するwebショップ
2000円以上で送料無料
クレジット決済可能




犬のジステンパーウイルス感染症
【原因】
犬ジステンパーウイルスの感染によって起こります。
感染した犬の唾液や排泄物を吸い込んだり、接触するこによって感染します。
ウイルスに汚染された食べ物から感染が起こることもあります。
犬ジステンパーウイルスは犬の体の外では長く生きられないので、犬が密集しているところで感染が起こりやすくなります。

【症状】
感染が起こってから症状が出るまで1~4週間かかります。
発熱、くしゃみ、眼やに、白血球減少などの症状が現れます。
呼吸器症状、血様下痢、結膜炎、角膜炎
進行するとウイルスは脳に侵入してウイルス性脳炎を起こし、けいれん発作や震え、麻痺を起こします。
ジステンパーに特徴的な症状として肉球の角質化(ハードパッド)もみられます。

【診断】
ウイルス抗原検査を行います。
近年はウイルスの遺伝子を検出する検査も行われるようになりました。

【治療】
現在のところ犬ジステンパーウイルスに有効な抗ウイルス薬はありません。
症状にあわせた治療を行い回復を待ちます。

【予防】
ワクチンによる予防が有効です。





→ 病気一覧に戻る

→ ページの先頭に戻る

Copyright(c)2012 クローバー動物病院 All right reserved