東京都足立区にある動物病院 犬・猫の診療を行っています。 葛飾区 亀有駅より徒歩10分
クローバー動物病院
〒120-0003
東京都足立区東和2-5-20
TEL:03-3629-0238
東京都足立区のクローバー動物病院です。
犬・猫の診察を行っています。
各種検査、不妊手術、ワクチン接種、ノミ・フィラリア予防などご気軽にご相談下さい。


病院案内
 ≫ HOME
 ≫ 設備・院内風景
 ≫ スタッフ紹介
 ≫ アクセス・駐車場
診療案内
 ≫ 診療/料金表
 ≫ ワクチン接種
 ≫ フィラリア予防
 ≫ ノミ・寄生虫駆除
 ≫ 避妊・去勢手術
 ≫ のら猫・地域猫
 ≫ マイクロチップ
 ≫ 凍結療法
 ≫ 歯科治療
お役立ち情報
 ≫ 犬・猫の病気
 ≫ 犬・猫の成長
 ≫ 里親募集
 ≫ リンク



クローバー動物病院 
【住所】
 〒120-0003
 東京都足立区東和
       2-5-20
【診療時間】
 9:00~12:00
 16:00~18:30

【休診日】
 日曜日



当院の管理するwebショップ
2000円以上で送料無料
クレジット決済可能




犬のコクシジウム症
【原因】
コクシジウムといわれる寄生虫感染により起こります。
犬ではコクシジウム類の中のイソスポラと呼ばれる種類のものが原因となります。
感染した犬の糞便中に排出されたコクシジウムが、口から入ることで感染します。
コクシジウムを体内にもったネズミ類を捕食することでも感染します。
猫のコクシジウム(イソスポラ)が犬に感染することはなく、またその逆もありません。

【症状】
成犬では激し症状を示すことはあまりありません。
他の消化器感染症と合併した場合や免疫の低下した犬では症状が悪化することがあります。
幼犬では水様性の下痢、嘔吐、発熱などの症状を示すことがあります。
重症例では粘血便がみられ、衰弱して死に至ることもあります。
感染して3週間以上経過したものでは自然に治癒することが多いです。
症状が回復した後も長期間にわたって糞便中にコクシジウムが排出され、他の動物への感染源となります。

【診断】
糞便検査により発見されます。

【治療】
一般的には抗菌薬であるサルファ剤を使用します。
最近は適用外ですが、トルトラズリルも使用されています。
症状に合わせて輸液や下痢に対する治療を行います。

【予防】
感染している犬の糞便を適切に処理することが大切です。
糞便中に排出されたばかりのコクシジウムは感染力をもっていないため、糞便を早めに処理することで他の犬への感染を予防できます。





→ 病気一覧に戻る

→ ページの先頭に戻る

Copyright(c)2012 クローバー動物病院 All right reserved